住宅のなかにはいろいろな配管が通じていますが、排水管などはとりわけ重要なもののひとつといえるでしょう。生活を続けていると排水管にごみや油脂などが溜まってしまい、そこが詰まりの原因になることはしばしばあります。詰まりが生じると部分的に配管が細くなり、水圧が他の部分よりも高くなりますので、逃げ場を失ってしまった水の圧力で継ぎ目などからの水漏れが生じるのが典型的なパターンです。水漏れが周囲の床や壁に波及してしまうと、カビや腐食の原因になり、ひいては家全体としての劣化にもつながってしまいます。

このようなことを避けるためには定期的な点検やパイプクリーナーでの洗浄が有効ですが、それでも実際に詰まりや漏れが生じてしまった場合には、早急に対応する必要があります。軽微な詰まりであればホームセンターで販売している金属製のワイヤーで掻き出したり、薬剤で溶かしてしまうなどの解決も可能です。漏れに関してもたいていは劣化したパッキンの交換などですむことがありますので、同様に新しいパッキンを購入してレンチなどを使って継ぎ目をはずし、パッキンを付け替えればよいでしょう。日曜大工でそれができない場合には、専門的な技術をもつ会社に連絡をして、サービススタッフを派遣してもらう必要があります。

現場を確認すればだいたいの原因はわかるはずですので、見積もりをしてもらった上で修繕の作業をしてもらいます。大掛かりなものでなければ数十分程度の作業で完了することも多いといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *