トイレや洗面所といった水回りの施設は、マイホームのなかでもごく日常的に使用するものですが、もしもつまりや漏れのような症状がある場合にははやめに手当てをしておいたほうがよいでしょう。新築のときはきれいだったマイホームも年月を経過するとともに劣化してしまいますが、その劣化が進みやすい部位としてまっさきに挙げられるのが水回りであり、逆に水回りの劣化が他の部位の劣化の呼び水となってしまうこともあります。水道や下水道の管にごみや異物が溜まって詰まりが生じた場合、そこだけが圧力が高くなり、劣化したパッキンがある継ぎ目などの弱い部分からの水漏れに発展することがあります。わが国でマイホームといえば多くが木造住宅ですので、水漏れを放置するとまずは周辺のクロスやボードにカビが発生し、柱や床などの木材も水分を吸収して腐ってしまい、やがては家全体が倒壊してしまうようなことにもなりかねません。

したがって早期の修理がなによりも必要ですが、素人判断では詰まりが生じている場所が特定できなかったり、漏れがある部分を完全に塞ぐことができなかったりすることがあります。その場合にはひとりですべて片付けようとするのではなく、専門的な技術をもった会社に依頼をするのが得策です。このような会社であれば詰まりなどはワイヤーで掻き出したり機械を使った高圧洗浄で取り除いたりする事が可能ですし、漏れなどもパッキンその他の部材の交換を安全にすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *