自宅で水道詰まりが発生した場合、修理する方法はいくつかあります。物理的に詰まりを解除する際によく用いられるのが針金ハンガーであり、ハンガーはペンチ等で切って持ち手部分以外をまっすぐにしておきます。排水トラップを取り外したらそこにハンガーを入れるのですが、詰まりに突き当ったら崩すようにしながら奥の方に入れると解消できます。力加減によっては排水管を破損する恐れもありますので、差し込む時には慎重に行いましょう。

掃除グッズとして使われる重曹と酢を使った修理もあります。まず最初に排水溝に重曹をふりかけ、次に重曹の倍の量の酢を投入します。酢と同じ分量のお湯をかけて1時間ほど放置したら、大体の水道詰まりは解消されているはずです。症状が酷いからといって放置時間を長くしてしまうことがありますが、あまりにも放置しすぎると正しい効果が得られない可能性もあります。

放置して流すという手順では専用洗剤を投入するケースもあり、その場合は放置時間をきちんと守らなければなりません。ラバーカップを使った修理法もあり、ラバーカップは排水溝をしっかりと塞ぐように密着させます。密着させた状態でゆっくりと押し込んで、その後一気に引き上げるのを繰り返しているうちに水道詰まりは解消されます。途中で何度か水が流れないかを確認して、改善されたのが分かったら終了です。

ラバーカップは使うのに少しコツが必要ですので、使い方を事前に調べてから実践しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *