家で雨漏りが発生したら必ず修理業者を呼ばなければならない。こういう風に思ってる方もおられるかもしれません。修理業者を呼ぶことは正しいことですが、しかしその前に、自分でできることもあるという点を覚えておきましょう。もちろん専門家ではないので高度なことはできませんが、屋根の修理の知識がなくても応急処置として素人でもやれることがあります。

こんかいはこの点に関して解説いたします。自分でできる雨漏りの対処法、その一つは、屋根にブルーシートを被せることです。これは応急処置の最たるものですが、屋根を修理できなくてもとりあえずブルーシートを被せておけば、それ以上の雨の侵入を防ぐことができます。これはもちろん根本的な解決にはなりませんが、応急処置として自分でも行える対処法です。

家で雨漏りが発生した場合は、とりあえず自分たちだけでブルーシートをかけて応急処置をし、雨がやんでから修理業者を呼びましょう。また、防水用のアルミテープを屋根に貼るという方法もあります。これも雨漏りに対する応急処置の一つですが、自分だけでも行うことができます。アルミテープを屋根の隙間に張って雨の侵入を防御すれば、立派な応急処置といえるでしょう。

もちろんこれも根本的な解決にはならないので、雨がやんでからすぐに修理業者を呼ばなければなりません。以上、業者を呼ぶ前に自分でできる雨漏りの対処法について解説しました。すぐに業者を呼べない場所に住んでる方は応急処置が重要になるので、ぜひここで挙げた方法を覚えておいてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *