家の雨漏りは、必ずしもひとつの原因で発生しているとは限りません。雨漏りの施工実例が豊富な工務店に相談すると、一度の調査で複数の原因を推測してもらえます。複数の推測は、最終的にひとつの原因に結びつく場合もあるのですが、複合的にトラブルが重なっている場合も多いので工務店の判断を待つと良いでしょう。複数の推測箇所の代表例が、家の屋根と外壁とベランダです。

屋根の穴は雨漏りの原因になりますし、外壁の亀裂は雨水が入り込む場所になります。ベランダは雨水が蓄積されて、ゆっくりと腐敗が進行して結果的に雨水が壁の内部に浸透していくようになります。家の構造体もポイントです。外壁の亀裂から入り込んだ雨水は、壁の筋交いや柱と梁を伝わって、離れた場所へと移動します。

低く窪んだ箇所に蓄積されるようになり、蓄積された箇所が乾燥しにくく湿度過剰で腐り始めると、室内側にも影響するようになります。最初はシミだけの場合も多く、壁紙のシミは汚れと誤解されてしまう場合も少なくありません。家の雨漏りは、室内のシミとも関連があるので、工務店に相談するときは屋外環境を調査してもらうだけでなく、家の中も見てもらうと良いでしょう。天井と壁に、掃除をしても拭き取れないシミが残っていれば、雨水が流れた伝ってきている可能性が高いので、工務店の人に確認してもらいます。

屋根の穴と外壁の亀裂だけを疑うのならば、屋外からの調査だけでも済ませられますが、雨漏りの被害状況を把握するには、天井と壁も確認してくれる工務店が心強いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *