家の雨漏りの原因は様々ですが、屋根や外壁から発生する場合が多いと言われています。家の屋根からの原因はいくつかあり、まずスレート屋根の頂上部を覆っている金属板の棟板金は、突風や強風などが要因の雨漏り被害が最も多い箇所です。また、日本瓦などの接着や充填などに使用される粘土質の建材の漆喰は、主に屋根の頂上部に使われているため、風の影響を受けやすく、それが原因でヒビが入ることが多い箇所です。特に漆喰部に雨水があたらないような作りではない場合、雨天時にいつも雨水があたり漆喰部が削られて崩れ、雨水の侵入口になるため雨漏りが発生してしまいます。

そして、突風や台風、地震などの気象状態により、瓦ズレやスレート割れが起こったり、経年劣化や風による振動などによって、コーキング剤が剥がれることも原因のひとつだと言われています。それから、経年劣化によってトタン屋根がサビついたり、スレートにコケが生えたり、色が落ちてスレート自体が雨水を吸収することも原因となります。家の外壁からの原因もいくつかあり、まずコーキングが劣化し始めると、その部分から雨水が建物に浸透してしまいます。また、外壁の塗膜の劣化で、外壁に雨水が浸透することにより、雨漏りが発生することがあると言われています。

そして、クラックが入ることにより雨水が浸透することも原因のひとつで、クラックが厚い場合は、外壁の向こう側まで貫通している可能性があります。それから、仕組みが複雑な出窓は使い続けるうちによけいな負荷がかかり、外壁のあらゆる部分が劣化してしまい、雨漏りが発生する場合があります。さらに、外壁のすぐ近くにある雨樋にゴミが溜まって詰まることにより、外壁に雨水の負担を与えてしまうことも原因のひとつだと言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *