雨が降ると、毎回雨漏りしてしまうという家は少なくありません。水が落ちてくると家の中が濡れてしまうので掃除が大変ですが、雨がやむと水が落ちてこなくなるので修理などはせず放置しているというケースが非常に多いです。しかし、雨漏りを放置していると様々な悪影響を及ぼす恐れがあるので、放置しておくのは大変危険です。どのような影響があるのかという事を知って、雨漏りが起こったらすぐに修理をするようにしましょう。

雨が降るたびに水が入ってきてしまうと家に使われている木材も湿ったままになってしまいます。表面が乾いていたとしても、木材の内側は湿ったままという事がよくあるので油断してはいけません、木材が湿ったままだと、少しずつ腐っていき、最終的には木材が折れてしまう場合もあります。こうなってしまうと大規模な工事が必要になってしまうので修理にたくさんの費用がかかってしまいます。また、湿った木材は白アリが好むので木材が腐っていなくても白アリが木材を食べてもろくなってしまい、最終的には全体に白アリの被害が及び家がもろくなってしまうので注意が必要です。

その他には、カビによる影響もあります。濡れた状態や湿った状態が続いてしまうと、カビが発生します。カビは様々な種類がありますが、その中には人の体に入ってしまうとアレルギー反応を起こす物もあります。カビが発生したままにしておくとアレルギーによって体調を崩してしまう恐れがあるので、雨漏りが起こった時はカビの発生に注意しましょう。

様々な悪影響をもたらす雨漏りを放置せず、早めに修理する事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *