今時天井からぽたぽたと雨水が滴り落ちるのをバケツで受けている光景を見ることはほとんどないかもしれませんが、劣化した外壁塗装のヒビの部分や、屋根、ベランダの接続部分などから雨水が浸入することはありえます。室内はきれいに見えていても雨水の浸入口から伝わってくる水分が家を支えている大切な柱や梁などを腐らせ、家の強度を大幅に低下させることは十分に考えられます。雨漏りが家に与える影響は想像しているよりもずっと大きいことが少なくありません。雨漏りによって家に湿気がこもった状態になると、やがて柱や梁などに腐食が始まります。

また、湿気を含んだ状態が長く続けばそうした状態を好んで生息するシロアリが繁殖して、柱や土台部分などに重篤な被害を与えることにも繋がりかねません。もしも雨漏りとして例えば天井の一部から水滴が滴り落ちている状態になっていれば、壁や天井などにはかなり大きな被害が広がっている事が予想されます。天気が良くなれば雨漏りもなくなるのだからと言って何の対策もとらずに放置してしまうと、どんどん被害が拡大して最終的にはかなり大規模な修繕が必要になることも考えられます。湿気はカビやシロアリにとって格好の湿った状態を作り出すため、雨水の浸入を放置しておくことは結局は家の寿命を縮めてしまうことに繋がります。

雨水の浸入が確認できたら一刻も早く、専門業者に調査を依頼することが大切です。修理のタイミングが遅くなるほど被害が拡大すると思って間違いありません。排水口つまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *