台所の排水口つまりの原因の多くは、排水パイプ内の汚れにあります。多くの人が一度は、台所のシンク下の排水パイプを見たことがあるのではないでしょうか。台所のシンクで使った水は、その排水パイプを通って下に流れていき下水管に流れ込む仕様になっています。その際、流れていく水に含まれる汚れが内部に溜まり、排水口つまりは引き起こされることが多い点には注意が必要です。

もちろんどんな排水パイプも最初は綺麗な状態です。でも、数年以上使い続けるとすでにその中に汚れが溜まることはまず避けられません。外から見ると一見切れに見えたとしても、根本的な問題の原因となりうるパイプの内部までは素人ではなかなか綺麗にはできません。特に、つまりが起きやすいところはパイプのトラップやL字曲がりの部分です。

本来これらトラップやL字の曲がりは外注の侵入を防ぐ役割を担っているものの、つまりやすい部分でもあるのです。また、賃貸の中には見た目だけを重視し、外側の目に見えるところしか綺麗にしていないことも残念ながら多々あります。そのため、汚れが溜まって排水口つまりが生じる前に事前に対策をしておくのがおすすめです。具体的な対策方法としては、まめに皮や脂などの切れ端や残りかすが排水口に流れてしまわないように丁寧に取り除き、きちんとゴミ箱に捨てることを心がけるようにしてください。

誰でもできることである一方でなかなか面倒なこの積み重ねをすることで、排水口つまりを未然に防げるかもしれません。すぐにでも実践していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *