水漏れが発生してしまった場合は、応急処置で済ませるか根本的な問題解消を図るか、水漏れ修理における大きな分かれ道が発生します。前者は取り敢えず一時しのぎができれば良いので、水漏れが止まるなら簡単な処置でもOKですし、手間が掛からずハードルも低いです。例えば、水圧が強くなければ防水テープをぐるぐる巻きにするのもありで、当面の間は水漏れを気にせずに済むようになります。ただし抑え込むのが難しいほどの水圧や、水ではなく薬品類を扱う場合には適さない対処法です。

一方、後者の根本的な水漏れ修理は、部品の交換や大掛かりな作業が伴うこともあるので、計画的に検討する必要があります。水を止める必要のある水漏れ修理には、作業が完了するまで水が使えなくなるというデメリットが存在します。作業方法によっては、水を止めずに水漏れ修理をするやり方もありますが、これは一般的ではなく専用の工具や扱う技術、経験といったものが求められます。一般的には元栓を閉めて、水の流れを止めてから部品の取り外しや交換を始めるのが普通ですし、民間の水道工事会社もそうしています。

水漏れ修理は、中途半端だと修理をしても水が漏れたり、当初は大丈夫でも時間の経過と共に再発することになるので、しっかりと事前の準備をしてから作業に取り掛かることが大事です。部品の取り外しに使用する工具は、合わないものを無理に使うと部品を傷めてしまいますから、必ず適合する工具を用意して使うのが鉄則です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *