水漏れやつまりは放っておくと被害が広がります。気付いたときは既に見えない部分で浸水がひろがっていることもあり水道料、被害ともに時間の経過とともに大きくなります。トイレや洗面所などのつまりについても同じで汚水が逆流して家中嫌な臭いがひろまったり、衛生面で問題が生じます。これらは自分で修理できることもありますが、状況によっては専門家に修理してもらう必要があるので見極めが大切です。

水漏れの原因はいくつかあり、一般的なのが蛇口や配管などの耐用年数です。耐用年数は平均して10年前後なので、その期間に前後して水漏れするようであれば耐久性に問題が生じたといえます。実際に漏れているかどうかは家の中の蛇口や水栓を全て締めて、一切水を使用していない状態にしてから水道メーターを見ます。回転していれば漏れているということです。

原因はナットの緩みだったり、器具の周囲に使用されているゴムパッキンの老朽化だったりするので自分で取り替えられる範囲ならよいですが、難しい場合は専門の事業者に依頼します。つまりはキッチンや洗面所、風呂場などどこでもおこりますが、問題になりやすいのはトイレです。つまっていると水を流したときに逆流してトイレが水浸しになります。集合住宅で暮らしている場合は、つまりがそのまま階下への水漏れの原因にもなるので、なにかおかしいと感じたら早急に対処が必要です。

つまりの兆候はトイレの水を流したときに上部まで水位がくる、変な音がする、流れ方が悪いなどです。原因は誤って異物をながした、タンクの節水対策をしていたので水流が弱く流しきれていないなどです。節水対策で水流が弱くなっている場合は対処しやすいですが、異物の場合は原因になっている物によって対応がことなります。頑張ってみたけどどうしても流れがよくならない、そんな場合はやはり専門の事業者に解決を依頼した方がよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *