高齢になると、体力や筋力、認知力や理解力は低下しがちになります。するとひとりで入浴することが難しくなってしまうことも考えられます。ただし入浴には、体だけではなく心の健康に対しても非常に大きな作用があります。また、入浴のために体を動かすことは、残存機能の維持にもつながります。

ですから高齢の方がいる家庭においては、できるだけ安心して入浴をすることができるような、安全性が確保された風呂場作りを心がけることが求められます。そのためには風呂場のリフォームを検討すると言うのも、ひとつの方法です。高齢の方に対する風呂場のリフォームとしては、以下のような内容が考えられます。まずは手すりをつけると言う方法です。

これは非常に簡単で、費用も手間もそれほどかからないリフォームですが、効果はとても高いものが期待できます。手すりがひとつあるだけで、風呂に浸かる、そこからあがると言う行為がとても楽になりますし、滑りやすい浴室内であっても、ある程度は安心して身動きをとることができるようになれます。これはまた、介助する人にとってもあてはまることです。それから楽にまたぐことができるような風呂に変更すると言うのも、候補のひとつです。

同時に浴槽の幅が広くあると、そこに腰かけてからゆっくりとお湯に浸かることができるようにもなるのでおすすめです。この際にも手すりがあると、より安全性が増します。また浴室内の床を滑りにくい材質のものに変更すると言うのも、効果的なリフォームです。リフォームに関しては、高齢者のリハビリに対して専門的な知識を持っている作業療法士などがいる業者に相談すると、効果的なアドバイスが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *