住宅におけるリフォーム場所は、水廻り関係の需要が特に多いようです。その水廻りの一つである浴室のリフォームをする場合はどの様な事に注意すべきでしょうか。最近の浴室のリフォームはユニット式の浴室に替える場合が多いので、その点について考えてみましょう。ユニット式については各設備機器メーカーが様々な製品を販売しているので、近所の設備機器メーカーのショールームを見学して取り換えたい製品をあらかじめ決める事です。

ショールームの見学に行く場合は、自宅の浴室の面積や窓そして出入り口などの位置や大きさを測定して、簡単に図面化して持ってゆくと良いでしょう。新築した時の図面があり、その後変更や改築などをしていない場合は新築時の図面を持ってゆくと良いです。ショールームを見学して気に入った製品があった、ショールームのアドバイザーに図面を提示してアドバイスと共に図面の作成までお願いする事です。図面作成と共に製品の見積も出来るので、見積りまで作成してもらいましょう。

工事費の予算と照らし合わせて予算オーバーをしないように、各設備機器類で調整すると良いでしょう。また製品代には工事の施工費なども含まれていないので注意する事です。リフォーム工事の施工業者も選定しなくてはなりませんが、施工業者に心当たりの無い場合は、ショールームで施工業者についても相談すると良いでしょう。たいがい各設備機器メーカーは提携している施工業者いるので、紹介してもらう事が出来ます。

浴室リフォームは予算内で快適で機能的に出来る様にしましょう。水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *