日頃からトイレの水トラブルで困っている方もいるはずです。便器と床の隙間から水がにじみ出る、タンクとつながる給水管からポタポタと水が滴る、温水洗浄便座のノズルから水漏れする等、数多くのトラブルが報告されています。トイレは日常生活に欠かせない重要な設備です。このようなトラブルが続けば使い勝手が悪くなるだけでなく、他の水道設備や建材にまでダメージが広がるおそれもあります。

そうなると工事も大きくなるため、修理費用もかさみます。もちろん工事期間中はトイレを使用することはできません。このようなリスクを招かないためにも、トイレでの水トラブルには迅速かつ的確な対応が求められます。まず便器と床の隙間から水漏れするケースでは、便器のヒビ割れや、便器を結ぶ排水管の損傷などが考えられます。

便器を取り外して丸ごと交換する必要があるため、専門メーカーや水道修理会社へ連絡すべきでしょう。タンクとつながる給水管からの水漏れでは、接続部のナットのゆるみや、パッキンの劣化が推測できます。家庭に工具があれば、ナットのゆるみは締め直すことができます。またパッキンを交換するだけで、漏れは止まります。

ただし作業中に水があふれ出すことがあるので、必ず止水栓を閉めましょう。温水洗浄便座に関する水漏れには、素人の方が手を出さない方が無難です。構造の複雑な電化製品なので、修理には専門的な知識や技術等が求められます。また作業中の感電や、修理ミスによる火災の危険もあります。

まずは専門メーカーや水道修理会社へ相談してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *