トイレの水漏れを自分で修理するのは難しいと考えている人もいますが、部品を買ってきて交換するだけなら簡単に修理ができます。ロータンク内で、ポタポタと水がずっと漏れているような音がする場合は、給水を操作しているボールタップと浮き球に不具合が起きていることが多いです。ボールタップが壊れているか調べるには、浮き球を持ち上げて確認するといいでしょう。浮き球を持ち上げているのに水が止まらない場合は、ボールタップの止水弁が壊れているので交換する必要があります。

浮き球が割れている場合は、新しい部品への交換が必要です。使っているトイレメーカーの規格に適した部品を取り寄せて交換してください。便器内で水漏れがしている場合は、フロートバルブの不具合が問題で、便器内に水が漏れている可能性があります。メーカーやホームセンターから部品を取り寄せて、購入することが大事です。

取り付けは鎖の調整など細かい作業がありますが、自分でもできるので試してみてください。ナットが緩んでいる場合は、レンチなどを使ってナットを締め直せば水漏れが止まります。ただナットを締め直しても水漏れが止まらない場合は、ナットやパイプの破損が考えられます。ナットが破損している場合は、ホームセンターに古いナットを持って行き、新しいナットを購入するといいでしょう。

トイレの止水栓のゴムパッキンが劣化している場合は、新しいゴムパッキンに交感しますが、ホームセンターやメーカーからパッキンを取り寄せて修理をする方法が有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *