気がつくとトイレの床が濡れている、配水管から水が漏れている、といった経験をした人もいるのではないでしょうか。トイレで水漏れがあった時は修理会社へ連絡すれば確実に直りますが、まずは自力で直せないか試してみてもいいでしょう。まず水漏れを発見した時に最初にすることは、止水栓を閉めることです。水を止めればそれ以上水浸しにならず水道代も節約できます。

次に水漏れ箇所を突き止めます。大まかに、配管からの漏れ、タンク内からの漏れ、トイレの床からの漏れが考えられます。まず配管からの水が漏れている原因はパッキンの劣化やナットの緩みが考えられます。この場合はパッキンを交換したりナットを締めたりすれば水漏れは治まります。

経年劣化や腐食によって配管にヒビが入ってしまっている場合は修理会社に依頼しましょう。便器やタンク内から漏れてしまっている場合は、水が溢れるのを防ぐ装置がずれてしまっていることが考えられます。タンクの蓋を開けて装置が正しい位置にあるかを確認しましょう。正しい位置にあっても水が漏れる場合は部品が劣化している可能性がありますので交換が必要です。

自力で交換できるパーツもありますが、分解が必要な箇所にあるパーツが壊れていることもありますので、わからない場合は修理会社に依頼しましょう。床から漏れてしまっている場合は、便器の設置不良や、床下を通っている排水管と便器を繋ぐフランジパテが劣化していることが考えられます。フランジパテは自力で交換することも可能ですが、交換後に便器を設置する時に水漏れが起こってしまうこともありますので、不安な場合は修理会社に頼みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *