トイレは日常生活に必要不可欠な設備であり、家の水回りの中でも使用頻度が高いと言えます。そのため設備の劣化や故障が起きやすく、水のトラブルに悩まされるケースも珍しくありません。例えば水漏れのトラブルなどはその典型。便器と床の隙間から水がにじみ出る、タンクとつながる給水管からポタポタと水が落ちる、タンク内から水漏れしているような音がいつも聞こえる等、様々なケースが報告されています。

このような症状を少しでも確認したら、できるだけ直ぐに修理する必要があります。そのままにしておくと、タンクや便器にダメージを与え続けることになり、結果的にトイレを丸ごと交換することにもなります。また床や壁を濡らせば、カビや湿気によって腐食を進め、大がかりなリフォームが必要になることもあり得ます。したがってダメージが広がる前に、速やかに対応しなければなりません。

修理では素人の方が対応できるケースもあります。例えばタンクとつながる給水管や止水栓からの水漏れなら、接続部のパッキンを交換したり、ナットのゆるみを締め直すことで、トラブルを解決することが可能です。ただし給水管や止水栓のダメージが酷い場合には、丸ごと交換する必要があります。この場合には、トイレ修理で実績のある専門会社へ依頼すべきでしょう。

便器と床の隙間から水が漏れ出すケースでも、専門会社へ依頼することになるかもしれません。便器やタンクのヒビ割れが原因であれば、大がかりな作業で丸ごと交換しなければならないからです。トイレ水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *