自力でトイレ修理をする場合、まずは止水栓を閉める必要があります。これは水量を調整したり、止めたりするためのものです。トイレだけでなく洗面所やキッチンといった水周りに設置されている水栓であり、トイレの止水栓を閉めればトイレの水だけが止まります。なぜこの栓を止めるのかということですが、給水を止めることで便器内から水が溢れてしまうのを防ぐためです。

また、配管を取り外した時に水が噴き出してしまうこともありますし、二次的なトラブルを防ぐ上で重要です。水漏れを一時的に防ぐこともできるため、水漏れ修理の際も必ず給水を止めるようにしましょう。止水栓はタンク横の壁や便器付近の床などに設置されていることが多いです。配管の構造によっても異なるため、確認しておくことが大切です。

ウォシュレットがある場合、ウォシュレット用の止水栓も設置されていることがあるため、こちらも閉めてから修理を始めることがポイントです。止水栓はドライバー式やハンドル式などがありますが、どちらのタイプでも簡単に閉めることができます。ドライバー式はフィットする工具を使用し、時計回りに回すと閉まります。ハンドル式は普通の蛇口と同じようにハンドルを捻って閉めることができますし、特に道具などは必要ありません。

止水栓を閉める場合、固くてなかなか回らないこともあります。その場合は無理に回そうとしてはいけません。無理に閉めようとすると止水栓が破損してしまうこともあるので注意が必要です。また、トイレ内に止水栓が見当たらない場合、元栓を閉めて家全体の水を止めてしまうという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *